本の音律に耳をすます

2018年5月24日(木)

小学館のミニ絵本からの書籍化作業が続いています。

13枚描くうちの11枚に、手だけはつけ、

しあがったのはゼロ枚。

こないだまでたのしく四苦八苦していた

いま印刷中の至光社の本は

ページ順にみっちり描いていきましたが

なんたる違い。

それもこれも、それぞれの本がもつはずの音律がちがうからで、

そう思い込んでいるからで、

今回のは

そうやって作業するのが

きっとからだにもよい。

と ふんだわけですが、

うっすら11枚描いたとなると、

できてない焦りより

着手したという事実に中途半端に気が済んでしまい

こんな黄昏時になると

目もかすんでくるし、

おなかもすいてくるし、

もう きょうはよすかな。

という甘えを、どうしたらよいのか。

この絵なんか、

ミニ絵本の描きだし場面でしたが、

書籍化でページ数がふえれば

それだけでリズムも変わるってわけで

二枚に分けて描いています。

って、どういう意味だよー。