たのしい描き直し地獄。

2018年5月7日(月)

夏前のいちばんよい季節の浜のにぎわいも去り、

久しぶりのしずかな雨の日、の気がします。

ポンポロッコの森でも、くまがぼんやり

雨音の中にいることかとおもいます。

「ゴールデンウィーク」はいかがだったでしょうか。

わたくしは

用事でうっかり鎌倉にでかけて ひとあたりしたり

ひとあたり冷ましにビールを飲んだり

元気いっぱい地球征服をたくらむツタが伸び放題なのを

えい!えい!と剪定したり

くたびれたのでまたすこしビールを飲んだり

ベイスターズの調子があがってくるのを

辛抱強く待つ修行をしたりしました。

えしごとのほうは

昨年小学館「小学一年生」付録として

超ミニサイズで発行された本の

増ページ&大型書籍化作業に入りました。

昨年の作業は、やはり、小さい本になる、ページも限られるいうしばりを

どこか意識して描いた絵たちだったなといま感じるので

増ページ分だけでなくて

ぜんぶ描き直したいのだけれど よいですか(´・_・`)

と、編集さんとも打ち合わせを済ませ、

鋭意描き直し始めたのはよいものの、

オムニバスのような構成の本なので

場面のいちまいいちまいは

前後の場面とのつながりとかをほぼ考慮せず

いちまいいちまいの絵画として

徹底的に描いていいという幸いでもあり、

徹底的に描かないといかん、というプレッシャーでもあり、

どぼん。と飛び込んだところは

もう下がきから手がのたくる逡巡地獄で

たのしいけれど無間地獄で

すこし泣きたかったし5月の光がまぶしかったです。