晩秋北海道。

2017年10月19日(木)

このところたてつづけに編集さんなどに

『画家。』

と紹介されてしまうことがあるようになり

大丈夫なんだろうか。自分。と

くびをすくめれば

北海道東川町の秋の冷たい風がしみます。

しかしながら、えほんのページとしてより、ちゃんと絵を、まずは絵を描こうよ、

と 自ら考えるようになったのも事実でして、

ここ何年かの このこころもちは

やはり北海道の風土が好きすぎることにも

理由があるように思います。
『ポンポロッコの森』、

ピヌピヌがすんでいる落葉樹の林、パロパロのモデルになった雑木林は

いま紅葉の盛りです。

強い風に林がゆれ、梢や散る寸前のかわいた葉のざわめきは

逗子海岸できく波音に似て

どこかのんびりした歌のようです。

いちまいにまいと散る葉のなかに

イタヤカエデがありました。

このかわいらしいきいろちゃんは

すこしまえの 至光社こどものせかい『いつのまにかどこからか』になりました。

その本がきっかけで

しっかり いちまいいちまいの絵を描いてみるようにと

アドバイスとはげましをくださったのは

いわさきちひろさんのご子息、ちひろ美術館の松本猛さんです。

大恩人の至光社武市さんのことばのあれやこれやを反芻しながら

精進は生涯つづきます。
10月。

北海道一の峰々から冬が駆け下りてくるのがみえるようです。

(遭難者のニュースが流れましたが無事の救助でよかったでした。)

間もなくあたりは厳寒白銀世界に。

そう、それは『ゆきがふる』になったのでした(°_°)

灯や火のありがたさが しみ、いやされ、はげまされる季節がきますね。
ではまたm(_ _)m