ながいお別れに

2018年2月2日(金)

昨年今年と立て続けに

ずっとおせわになってきた大編集者さんや

まだなにも描けなかった若かったとき

期待をくださりはげましてくださった編集者さんが

他界され

時の流れを思わずにはいられません。

いまも

絵を描きながら

この年月は

たしかに流れましたが

流れてどこに行き着いているかといったら

じぶんの底に重なり積もっていると信じることもでき、

水絵の具をこれからも

紙などにのせ

洗い流し

またのせては

洗い流し

絵そのものに時を

うすい層にして重ねる作業を地道に続けようと

おもいます。

てなことをかんがえながらふとみると

塗りたいと願う色が

若い頃と変わっていないことがパレット上に現れており

胸がいっぱいになって小さくため息をつきました。

ではまた来週がんばろう。

再来週もがんばろう。