わたしの“ロジャー”

2018年2月23日(金)

節分をすぎたころより家に乳飲み子がいて、

なにもかもがそっちもってかれる、

あのしあわせな日々を四半世紀ぶりにすごしています。

とはいえ

わたしが母親ではないので

「なにもかもそっちもってかれる」というのは

ひとつ、いいわけでもあります。

わかい、新人母親には

「そうやって抱っこばっかりしてないで

ちゃんと描かんかい!」

などとしかられながら

ぼそぼそと描き進めている至光社こどものせかい7月号も

しあがりが見えてきました。

ひさしぶりのあかんぼうに

かーいーなあ。

なつかしいなあ。

とうっとりするのはもちろんなのですが、

大きなタオルにくるんでだっこしていると、

自分が若い母親だった時とはまたちがう、

たいへんなさいわいがこみあげます。

繰り返し読む

「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン著) は

こんなふうな書き出しです。

「ある秋の夜、わたしは1歳8ヶ月になったばかりの甥のロジャーを毛布にくるんで、 雨の降る暗闇のなかを海岸へ降りていきました。」

著者は、甥(実際は姪のこどもだそうですが)といっしょに

荒れ狂う海を前に立ちすくみ、

不思議にも心の底からわきあがるよろこびにみたされ、

いっしょに笑い声をあげるのでした。

ロジャーにとっては初めての、

レイチェルにとっては何度めか数え切れないほどの

「大洋の神の感情のほとばしりにふれる機会」の興奮を、共有したのです。

なんてすばらしい、人生の瞬間なんでしょう!

孫がうまれました。

じぶんが、「なんだかよくわからないけれど無性に こころ うばわれる世界」を

のんびり勝手に描いてきたつもりですが

これからは 「わたしのロジャー」を想いながら

絵にしていくことにもなりそうです。

その世界は、

小さかったわたしのこどもらといっしょに心震わせた

あれやこれやでもあるのです。