然別のみずうみで

2013年1月15日(火)

 

こどもらがほぼ育ちきって、5人で大移動していた旅も、

夫婦ふたりでぶらりと出る。然別2

行き先はあのころとかわらない。

北の緑の湖に、今年もまた、

ふたり乗りの小さな舟を出す。

そのとき向いている方を行き先にして、

きままに湖をわたる。

静まりかえる朝もやの中、

鏡のような湖面にえんりょがちに櫂をいれ、

だまって漕ぐ。

・・・あの入り江を5人で漕いだ。

その岸で焚火をした。

やみの中、湖をわたる羽音をきいた。

湖面に星が映っていた。

寒がって末息子が泣いた・・・。

ふたりそれぞれ、まずは無言で思い出にしずむ。

ぽつらぽつらと、

どちらからともなく口に出す情景は、

相手の頭の中にも同じにうかんでいる。

なので、そうだよね、そうだった、としか、

おたがいこたえもない。

親子だろうか、

10羽ほどつれだった水鳥の列が

湖を泳いでわたっている。

と、彼らは羽ばたきながら湖面を疾走、

順ぐりに飛び立っていく。

だまってそれを見送る。

ふたり旅はいいね。

うん。

またみんなで来るのもわるくないね。

うん。

湖のまんなかでぼんやりといまを漂いながら、

想いはむこうの岸へ、

5人でわいわいとやってきたあのころへわたりたがる。

もやが少し晴れて日が射す。

湖面がきらめく。

ここはいつ来てもほんとうにいいね。 然別3

うん。

みんなで来ておいてよかったよ。

うん。

毎年来ちゃうね。

もちろん。

そして舟を出してゆらゆらと、

湖と時をわたりながら、また同じ会話をするのだ。

来年も再来年も。何年でも。

 

 

 

然別1

 

 

 

 

 

 

 

 

(こどものせかい2013年2月号

にじのひろば掲載

特集テーマ「わたる」)