だんまり日記 4月

個展を終えてずいぶんたちました。

おどろいたことに
4月が終わろうとしています((((;゚Д゚)))))))
逗子の山は
あたらしいみどりで
膨れ上がっています、街がせまくなったみたいです、目の奥にしみますです。

ご用もあって、石巻と北海道・東川へでかけてきました。
春を追いかけて行ったような
しあわせな旅になりました。
石巻については、
あまりにみごとな桜たちに、
ほんとうにいろいろな想いが重なって複雑で、
それでも街のたくさんの方々の、
桜の下の笑顔に
元気をいただいた気持ちです。
あたらしい、すてきな出会いもありました。


  

ちゃんと、日々記に書いておかなくちゃ。
と気にしながら
翌週でかけた東川では、
冬と春の境目を目の当たりにしました。
長い冬を終えた北の爆発力に圧倒されて、
深く息を吸いました。



旅をしながら、
いまとりかかっている「こどものせかい11月号」の、
描き始めのことで
もんもん。もんもん。
しておりました。
その間、
別の文の作業などもあり、短いながらもかなり苦労しましたが、
これについては
石巻にまた、
どん!と背中をおしてもらいました。
そんなこんなでごぶさたいたしました。
ひきこもって描いてます、街でみかけたら、
居酒屋にいたら、
それは人違い。