恋人たちの法廷

2012年1月23日(月)

 

つれあいがせんだっての北海道出張と、つづけざまに出張した大阪から

ともに土産にかってきてくれた双方地区の銘菓がいま、

目の前で、決戦におよぼうとしている妄想にとりつかれております、土曜のよるのことです。

しかも、北海道代表はすごく強そうだ、だってだって、「白い恋人・ブラック」だもの。

ブルー、イエロー、ホワイト、グリーン、それからブラック!たいていの戦隊の構成は。

そしてブラックだ、いちばんつよいのは。

 

 

商標をめぐる訴訟の法廷。

いまここに『白い恋人』対『面白い恋人』の闘いの火ぶたがきられようとしておりますが、原告席には白い恋人ブラック、なのです、

それをうちのひとは、黒い恋人、と呼んでいます。

わたくしどもは、傍聴席末席におります。

「黒い恋人、ってさ。面白い恋人を挑発するあたらしいつっこみ商品かしらん。」

「さあ来るなら来い、大阪!もじってみやがれ!・・・ならすごい白熱法廷になるな。場外乱闘も辞さずだ。」

「よしもと返す刀は腹黒い恋人、でどうだろ。いや。腹黒い変人。かな。しかしだれも買わないな、それは。」

「いや。味で勝負だ。いけるぞ、二匹目のどじょう。

面白い恋人がみたらしあじゴーフルだからね、腹黒い変人は、あんこたっぷりのもなかでいこう。」

と緊迫の展開を予想をしつつも、ビールをのみ、

酔いもせずに冷え冷えしてきたところを

こんどは麦焼酎お湯割りやらホットウイスキーやらであたためなおしつつ、双方銘菓を交互に賞味、

ブラックはあれだね、うまいね、白い恋人ホワイトチョコのよりね、

だいたいさ、面白い恋人のあじってのは、みたらしか?

なんかこう、塩キャラメルってあじだよね、

まあどっちみち白いと面白いはまったく味も生地もちがうよね、ちがいますよ。

っつって証人席にたつ用意があるよ、あたしは。裁判長!

でもあれだね、たべてみたいね、ぜひ。極上の、腹黒い変人。

 

と、ここでふと冷静になり、

黒い恋人は、いや白い恋人ブラックは、ほんとうに、面白い恋人返り討ち企画商品なのか。

という疑念がわき、さくさく調査してみたところが、ちがった。

面白い恋人より、発売が歴史的スケールで早かった。

そうだったらおもしろすぎると期待するあまり、まちがった。

ていうか、ずっとあったのだなあ、黒い恋人、じゃなくて白い恋人ブラック。

毎年旭川空港のおみやげやさんで何見てたんだろ。見おぼえないんだけどな。

と言ってる間に、どっちの恋人の箱もからっぽになってしまい、本日はこれにて閉廷いたします、と裁判長が言った。

ような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう鉢合わせした

原告被告双方の包装紙およびパッケージと

こんな妄想にとりつかれているひまがあったら

わたしを描きあげるべきではないか、

とかなしげな目をする少女のしたがき。