晩秋東北の旅のこと

2017年11月28日(火)

晩秋の東北を ことしもおとずれました。

ひとをたずねて 石巻。女川。八戸。

それから

淡雪の林を抜ける鉄道に乗って

ぎりっぎりの水際まで。

あまりの怒涛に

ながめているだけでからだがこわばるのがわかります。

大地震の日の海にひどい目に遭いながらもなお、

そんな海辺にかえってきてくらすかたがたの営むちいさなお店の

あたたかさとふしぎななつかしさについつい長居、

つれとひそひそ よしなしごとを はなしたり

じいっと だまったりしながら

ぼんやりのんびりいただいたコーヒーを、

窓のそとのやさしいきれいな雨筋や

ひらりゆらり舞う雪を、

忘れることはありません。

あたらしい時がしずかにつもってゆく町に

これからもときおり そっとおじゃましたいとおもいます。