麦酒はとりあえずではなく徹頭徹尾

2012年8月27日(月)

 

週末は党大会が開かれたですよ、って麦酒党大会。

ゆく夏をおしみつつ、とおもったけど、いつまでも暑くてやってらんないから。

がほんとうのところ。

それにあわせるかのようにこのような新聞記事が!

 

 

 

 

 

 

朝日新聞2012年8月26日

 

読むべきは、頭のとこです。

「とりあえず」ではなく最後までビールで

・・・・・ふっふっふっふっふっふ・・・・・・・・・・・・

・・・・・・ほっほっほっほっほ・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・はっはっはっはっはっはっはっは・・・・・・・・・・・・・・

おそい!おそいぞ全国紙!気がつくのが!

 

最初から最後までおいしくたのしくビールをいただくことを

徹頭徹尾ビール、てっとうてつびーる、といいます。

ほんとうです。(わたくしたち党員が命名しました。)

週末の党大会は、つまりてっとうてつびーる党大会です。

結成してだいぶ。

ちなみに。春夏秋は無論、冬も党大会は開催されるのです。

だって、だってよ、ほんとうにおいしい麦酒は、つめたすぎないほうがおいしいんだから。

 

この記事は、クラフトビール特集だとかで、地ビールがおいしくなった!

なんてことがおしゃれに記されておりますが、

あんまり書くな!と心中焦りをおさえられないのは、

写真いりで紹介された湘南ビールの蔵元・熊澤酒造の

オクトーバーフェストが刻一刻せまっているよ、

日めくりカレンダーのようにこころのなかでカウントダウンしているよ、

だからがまんしてるんだよ、このしつこい暑さを!

と極力おだやかなにくらしているところへ

全国紙なんかに載ったことにより、

どうぞ入場制限なんてことになりませんように。

樽が枯渇しませんように。

と日々祈らなければならなくなったので、ちょっときもちをしずめようとおもって出かけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地ビールじゃなくたって、

大手メーカーさんだってうまいもんはうまいんだわよ。

 

いずれにしろ、どなたさまも

のみすぎないでくださいね。

わたしはそんなに飲みませんよ、ほんとうですよ、なぜって麦酒はごはんより好きだけど、酔っぱらうのがだいきらいだから。

だけどもっとだめなのは、

とりあえずビール!ってはじまったあつまりなんかで、

ほんとにとりあえず。で、のみのこされた生ジョッキが林立したりする光景。ジョッキびいるが立ち枯れている荒廃風景。

のこすなら生たのまきゃいいじゃん!

瓶ビールちょっとのめばいいじゃん!

びいるさんに謝れ!

いまここに 「とりあえず禁止令」を発令する!

違反者はばっきん生麦酒一杯物納可!

と、おだやかなきもちになれないから、そんな宴会はいかないと決めた。