2018年1月22日(月)

大寒のころ。

関東も雪になりました。

至光社の新しいほんのひとり作業は

「夜明け前」を いきつもどりつ

描いたり つぶしたり

ひらめいたり がっかりしたりを

ゆらゆらくりかえしているところです。

そんなリズムが合っているほんだとおもいます

(と ゆーて自らを正当化)。

ポンポロッコの森では

みんなどうしているでしょうか。

とびきり寒くて

きれいな雪がふる中で

みんなわらわらあつまって

ぽかぽかしながら春を待っているでしょうか。

冬は なかなか内向的な季節で

若い頃から冴え渡る気がして大好きですが

かといって高村光太郎氏のごとく

きっぱりとすごすかというと

そういうわけでもなく、

気がつけば親しいひとびととわらいあったいたり

ひとりで火にあたりながら

ぼんやりとなつかしいひとを想っていたりするものです。

寒いは あたたかい。