えほんのご紹介

それぞれのえほんの表紙から くわしいご紹介にはいれます

『あめが あがったら』
至光社こどものせかい 2016年8月号

長雨が あがるとき
晴れあがる予感
からだじゅうわくわくする
祝福のとき

 

ポンポロッコの森

『ポンポロッコの森』
2015年 発行/絵本横丁
 

 

 

 

いつのまにかどこからか『いつのまにか どこからか』
至光社こどものせかい2015年11月号

時をかさねた場所に満ちる
おだやかな 気配。
「なつかしい」が生まれる日の
ちいさなものがたり。

 

またきっとさこう『また きっと さこう』 2015年至光社

日のめぐり。
季節のめぐり。
いのちの めぐり。
時のめぐりのなかに生きる
すべてのものに約束された 希望。

 

 


『ゆきが ふる』 至光社こどものせかい2015年2月号

ふれふれゆきふれ ふりつもれ
まっさらな幸福感にふりそそぐ祝福。

 

 

『ぽってん あおむし まよなかに』 2012年至光社

ぼく はやく おおききなりたいの
だいじょうぶ とうさんもちいさかったよ
とうさんとぼうやの想いをあおむしのゆめと
ちょうちょうの思い出に してみました

 

 

『くらやみうまれの ともしびは』  至光社こどものせかい2012年9月号

くらやみの中だからこそみつけることができる
ちいさなともしびは
きっと 幸いへの みちしるべ。
いま、このときを生きている気分を ぎゅっとつめて。
おもいのつよい いっさつになりました。

 

『るすばんいす』  2009年至光社

そのひとが いないとき そのひとの場所は
そのひとの帰りを じっと 待っています。
祈るようにして。

 

『このはし わたれば』
至光社こどものせかい2010年7月号

あっちでもない   そっちでもない

ここでなら。

 

『たん ぱらん』 2004年至光社

雨の 森の ざわめき。

よびさまされる

胸のおくの     その音。

 

『いしの きもちに なりたくて』
至光社こどものせかい2009年7月号

いしがあります。 ずっと。  じっと。
わたしが います。
ひとときの 奇跡。
その 幸い。

 

『ぎんぎら なつの あついひは』  2000年至光社

ひとも 森羅万象の ひとかけら。
まなつのひるさがり
さかいめをなくす    ゆめと げんじつ。